みかど化工株式会社 千葉県 市原市 農業フィルム開発・製造・販売

>
サンソフタークロス55の紹介

サンソフター®クロス55

織物製内張り用遮光・保温資材

スカッと爽快、夏は涼しく、冬は暖か

 

繊維織物が施設園芸に革命と恵みをもたらします

夏冬通して快適な温室内環境を実現

 

特長

  • 夏の日中、光と熱を適度に抑え快適な温室内環境を作りたい、でも薄暗くしたくない。冬の夜間、温度は上げたいけれど湿度はできるだけ抑えたい。そんな要望に応えた理想のカーテン資材が、人類の持つ「古くて新しい技術」である繊維織物の農業資材として、利用可能な機能と特徴を最大限引き出すことにより実現しました。

 

エステル100%の繊維織物

織物であるため他の不織布やネット資材に比べ柔軟性に富み、カーテン資材に求められる収束性に優れます。さらに通常の織り工程に加え特別なアイロン掛け処理で伸縮安定性を向上させてます。

  • サイド・谷下に寄せた時の影を極小化できる。
  • 縮み極めてわずかですっきり展張できる。
  • 展張作業や開閉作業がらくらくスムーズ。

尚、通年展張したまま連続使用する場合は、資材の劣化防止のため管理、使用条件に十分ご注意下さい。

(くわしくは、使用上の注意事項をご参照下さい。)

 

 

夏期日中の適度な遮光率(約55%)と遮熱効果

自然光(太陽光)の総量を主に反射により約55%遮ると共に、織物構造の隙間(間隙率30~50%)による通気性により、夏期日中でも資材自体に蓄熱せず、蒸し暑くならない遮光・遮熱資材を実現しました。

  • 太陽からの紫外光線を反射するので、害虫の飛来や活動を低減できる。
  • 過度な遮光率であるため、カーテンの開閉量や時間を作物に合わせて調節することで花卉から蔬菜まで幅広く利用できる。
  • 通気性と吸湿性により、遮光下でも蒸し暑さを低減できる。
 

 

冬期夜間のほどよい保温性と湿度抑制

資材的に赤外線を吸収し閉じこめる機能が良いため、保温性に優れることに加え、夜間は繊維組織や織物構造の中に温室内の湿気を吸い取り、水膜を形成して保温性を向上することができるので、ほどよい保温性と湿度の抑制という二つの課題を同時に実現しました。

  • 結露水のぼた落ちを防止できる。
  • 湿度を抑える事で病害を抑制できる。

但し、保温性能はカーテン資材の含有水分量や通気性レベルにより大きく変化しますので、使用条件を十分考慮して下さい。

規格

(幅)

1.75m 2.00m 2.25m 2.50m 2.75m

 縫製

加工品

3.00m 3.25m 3.50m 3.75m 4.00m
4.25m 4.50m 4.50m 5.00m 5.25m
5.50m 6.00m      
未加工原反 幅1.5m×長125m/巻    

 

※縫製加工品の長さは用途に応じ如何様にも調整致します

※上記に示す規格幅以外の寸法はご相談下さい